逆援助交際において、やってはいけないことというのはたくさんありますが、一番してはいけないのはなにかというと、それは相手の家庭を崩壊させることです。

逆援助交際をする女性には、数多くの人妻もいます。

したがって、旦那との性生活に不満があったり、また旦那の浮気の仕返しなど、様々な家庭の問題から、逆援助交際に走る人妻というのが多くいるのです。

そもそも家庭を壊すつもりはなく、一時の遊びでしかない逆援助交際で、不倫していることがバレるようなことになれば、当然、離婚ということになり、家庭が崩壊してしまうことでしょう。

逆援助交際をする男性は、誤解しがちです。

人妻とセックスをしていることからか、さも身内ににでもなったかのように振る舞う人がいますが、あくまでも割り切った大人の関係にすぎません。

人妻の自宅に電話をかけたり、郵便受けに不倫を示唆する手紙を入れてみたり、人妻の服のポケットに男モノのアクセサリーを忍ばせておいたちして、旦那に自分の存在を示そうとするようなことをしてはいけません。

もし不倫がバレると、夫婦は離婚以外の展開を迎えないのです。

そうなると、離婚の原因となった不倫相手の男性にも責任がありますから、当然なんらかの責任追及はあるでしょう。

人妻と不倫したら男性の負けですから、当然のこととして逆援助交際で稼いだ大金の何倍もの慰謝料を支払うことになるでしょう。

関連記事